ギリシャなら、アクロポリスへ

ギリシャなら、アクロポリスへ

ギリシャの観光地といえば

現実的な話をしてきたが、それは誰にでも直接関係のある話であって、決して蔑ろにしてはいけない問題だからだ。こうした点を逸脱して、自分には縁のない話だからと切り捨ててしまう人も残念ながら存在している。自分の目で状況を確かめたいと思い、現状を伝えるために乗り込むといった勇敢な姿勢はいいだろう。しかしそれによってどんな事態が巻き起こるかもしれないと、予想した対応が求められているため、不用意に行動しないように注意してもらいたい。

厳しい意見かもしれないが、これは事実だ。その点も加味しながらだが、やはり観光で訪れるのであれば名所巡りを楽しみたいのは勿論のこと。危険を意識して、人通りが多い時間帯の行動を心がけながらであれば、ある程度危険度も低い中で観光を楽しむことは出来るはずだ。それでも安全とは言えないため警戒は怠らないようにしてもらいたい。

観光する前提として意識は強く持つようにして、漸く本題となるギリシャを観光するならここに行け、を紹介していこう。

もはやいわずも知れた名所中の名所

ギリシャといっても観光名所はいくつもある、まず最初に紹介したのは古代ギリシャにおいてポリスの原型となった小高い丘に建設されている『アクロポリス』は代表的な名所として毎年多くの観光客を集めている。アクロポリスとはつまり、『高いところ・城市』という意味に辺り、そこは人々の中心的な施設が集中して建造されていた場所となっている。具体的に建造されていたものとして、神殿や砦といったものが建造されているケースが一番多い。ここでの楽しみ方は何といってもギリシャの刻み込んできた歴史の深さを知るところにある。都市部に見られるような施設こそ無いが、情緒溢れる雄大な景色を楽しみたい人には最適の観光スポットだ。

そんなアクロポリスの中でも特にお勧めなのが、ギリシャはアテナにあるアクロポリスだ。

ギリシャの中でも高い人気となる

アテナは誰もが知っているだろうが、ギリシャの首都だ。中心的な都市部は勿論のこと、何といってもこの周辺地域では先にも軽く紹介したアクロポリスが何といっても見所、というよりアテナに来たらアクロポリスに寄らずしてどこに行く、といったものだ。それはギリシャに観光旅行で訪れる多くの外国人がそう感じており、バカンスシーズンともなれば驚くほどの観光客が押し寄せてくる地域でもある。ある意味では、犯罪に巻き込まれる危険性も高いため念には念を入れておきたい。

アテナが人気と言われている理由にはアクロポリスがあるのもそうだが、機構的に地中海性気候に属しており、その影響もあって年間を通して温暖な気候となっているのが観光客の人気を呼ぶ起因となっている。またここは明確な四季も存在しており、季節ごとに見られる色鮮やかな街並みを楽しめるから良いという意見も多く見られている。

湿度も低く、気温こそ30℃を超えて高いが日本と比べたら断然過ごしやすいこともあり、夏には海水浴を楽しもうと訪れる人が多いことでも良く知られている。だがそれは何処でも考える事は共通しているため、基本混雑していることを覚悟しなければならない。

楽しみどころは山ほどある

ギリシャの首都であるアテナはアクロポリスが一番の見所となっているが、それ以外にも博物館なども用意されているため、史跡巡りは古典を愛する人々には何としても訪れたい地域だろう。また最近になってアテナ近郊においてとある超一流ホテルが売却されるという動きも強まっている話も出ており、そこを中心とした観光スポットを建設しようという話も出ている。

一般人からすれば想像しにくい光景かもしれないが、ビジネスとしては十分収益を挙げることが出来る可能性はあるだろう。ただ如何せん、ギリシャの経済が不安定ということもあるため、そういった問題を解消できるか否かが本腰のいれ所だろう。

紹介したいところは沢山あるが、さすがに全て話していたらキリがないため、次からはアテナのアクロポリスに焦点を絞って観光の見所などを中心に紹介していこう。